ラグナで零す涙

去年の今頃の話

当時といえば池袋の友人の部屋に週末ごと入り浸っていました。
数人の人が出入りして、みんなお金ないからご飯作ってあげて
夜通しゲームしたり雑魚寝したり掃除したり
携帯握り締めながら、みんなでばかやって笑って

週末ごとにそんなささやかなパーティーを楽しんでいました

そんなわけでラグナはといえば、レベルもあがるわけでなく、確かまだアコ(今の支援プリ)のレベルが30代(3月開始)ちょっとSTRに振ったりやっとポポリンが普通にたたけるようになったころだったかな?
私はゲフェ住まいで、まだつくねの人が本体メインの剣士だったときに遊びに来てくれたり、某プリさんがたまに連れ出してくれたり、そんなのほほんな日々を暮らしてました。
店売りのサクレがすごく欲しくってお金をためたのを覚えています。
知識もなかったし、一日1時間、レベルがあがったらおしまいっていう一人ぼっちの日々でした。

あれから一年泣いたり笑ったりの日々
モニター前で涙ぐむこともたまにあり

なんかなー
幸せだなって思う

大好きな
恋人とか娘とかつくねとかマスタとか
もひとりのマスタとか
仲間とか
ともだちとか日々すれ違ういろいろ


d0051030_185521100.jpg

[PR]

by rinkaR | 2005-05-24 17:46 | RO@LOKI